千曲会100周年記念事業|旧千曲会館とは

旧千曲会館とは

信州大学繊維学部の前身、上田蚕糸専門学校は明治43年(1910)に開校しました。大正4年(1915)に上田蚕糸専門学校同窓会が誕生しましたが、同窓生が集う場所がありませんでした。そこで、昭和10年(1935)、母校創立25周年記念事業の一つとして建設された同窓会館(旧千曲会館)は、講堂の裏手に、同窓生の寄付などにより建築され、同窓生の集まりの場となっていました。上田蚕糸専門学校の本館は現在焼失してありませんが、同時期の建築物として講堂(昭和4年、現存)とならび、大正・昭和初期の建築様式を残し、信州のこの頃のアカデミアの建築物と同様の特徴を持っています。木造2階建てで、和洋混在の内装となっており、迎賓のために縁側や庭もある、ユニークな建物でした。

昭和55年(1980)に、キャンパス内敷地の同窓会利用の是非論から、同窓会の今後の発展を考え、キャンパス外に母校創立70周年記念事業の一つとして同窓生寄付により新千曲会館が竣工されました。旧千曲会館は、床屋、教職員の組合事務所などで一部利用を継続しましたが、その後、建屋の老朽化が進んだため、いつしか利用しなくなってしまいました。 現在は、信州大学の管理のもと、建物が放置されている状態です。

改修の概要

同窓会館(旧千曲会館)は同窓会ボランティアによる周辺の樹木の剪定などを行っておりましたが、築80年となり、建屋の老朽化が激しくなっています。繊維学部同窓会100周年を機に長く同窓生の拠り所であった旧千曲会館を改修保存し、永く文化財としてその価値を残し役立てるため、下記のような内容で大学と協議し、進行中です。

旧千曲会館の改修目的と活用・利用の提案

講堂を利用して行う各種行事の控え室あるいは付帯施設としての利用。映画撮影舞台など。

建屋の特徴

旧千曲会館同窓会館(旧千曲会館)は昭和初期の建築様式で、繊維学部講堂と同じデザインを意識した建築物です。

特徴

外観:全体が講堂と同じ色彩を持ち、直線的な屋根を持つ構造です。正面は洋風な趣と車寄せがあり、雨天時にも濡れずに玄関に入れるようになっています。裏は純和風で外観であり、縁側から庭に出られるようになっています。庭は池を中心にいくつかの石と樹木が配置され、季節を楽しめるようになっています。

設計時の「千曲時報」の記事 (昭和10年6月15日発行)

旧千曲会館の記事千曲時報(旧千曲会報) 昭和10年(建造前)

解説

25周年記念事業として作られた旧千曲会館ですが、当時の設計者(倉澤氏)の苦悩が記載されています。「こんなミミッチイスケールに盛りだくさんな理想や希望を入れようとすることは到底割り切れない相談である。」とも書いてあり、設計には苦労されたようです。当初、五千圓で考えていた建設費は六千五百圓となり、不足額は祝賀会の開催で補おうとしたことが読み取れます。1手頃な会議室、2事務室、3簡易な宿泊所、という当初の目的は達成し、桑畑の中にできる千曲会館の周りに樹木を植え、南側には塀を作り、庭を造りたい、と書いてあり、完成を楽しみにしている様子がうかがえます。

ページトップへ